ハイブリッドカーとガソリン車の静音性の違い

ハイブリッドカーとガソリン車の静音性の違い

日本では今日、ハイブリッド車はエコカーとして定着しつつあります。ハイブリッド車は排出ガスとガソリンの消費を抑え、地球環境や家計に優しい自動車として、世界中から高い評価を得ています。

ハイブリッド車はガソリン車と比較して静音性が高いことが魅力の一つと考えられていました。しかし近年、この静音性が人々の安全を脅かしていると指摘する声があります。

ガソリン車はエンジンのみで走行するため、ある程度のエンジン音があります。ハイブリッド車はエンジンと発電モーターの両方で走行するため、ガソリン車と比較すると静かな音になります。特に低速時にはモーターのみの走行に切り替わるためエンジン音がなく、周りの歩行者や視覚障害者が車の接近に気づきにくいという危険が見えてきたのです。

歩行者はこれまでのガソリン車の走行音に慣れ、無意識のうちに車の接近を走行音によって認知していました。多くのガソリン車が道路を走行している中、ハイブリッド車だけが静かな音であり、歩行者などが接近に気づかない可能性は大いに考えられます。その結果は命に関わる大事故につながる重大な問題だと考えられます。

アメリカではこの問題に対し、自動車の「最低騒音」の基準法案を検討し、ハイブリッド車の安全性を高める取り組みを行っています。

ガソリン車と比較して歴史の浅いハイブリッド車は、今後も安全性に関わる問題が多く取りあげられることが予想されます。ハイブリッド車の普及のために、さまざまな問題をクリアし、さらに安全性の高いハイブリッド車が実現することが期待されます。